FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
5月27日、話せぬ被告、タブレット端末で筆談
朝日1
 さいたま地裁裁判で
清宮涼2014年5月11日15時25分
印刷
メール

Ads by Google
[PR]
 さいたま地裁で12日に始まる裁判員裁判で、言葉が不自由な被告の男(63)のために、証言台の液晶タブレットにタッチペンで記述する「筆談」を導入することがわかった。裁判員たちはリアルタイムでモニターに映される被告直筆の文字から「声」を読み取る。

 最高裁は同種の前例を把握していないという。障害者支援団体は「話せなくても直接、意思表示ができる」として、取り組みを評価している。

 被告は、埼玉県戸田市のアパートで内縁の妻を殺害したとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職の青柳実被告。弁護人によると、被告は以前に受けたのどの手術の影響で言葉を話せなくなった。耳は聞こえるが、手話も使えないという。こうした被告の裁判では従来、紙を使っての筆談が多く、他の人が代わりに読み上げていたとみられるという。
スポンサーサイト
【 2014/05/27 07:54 】

| 著名人と WP または私 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。